食器洗浄機 / 容器洗浄機の専門メーカー

個人情報保護方針

お問い合わせ

省エネ型洗浄機(排水利用型排熱回収装置)

洗浄機から排水される汚水の熱を利用して洗浄機への供給水をお湯にします。

3つの大きなメリットがあります。

①蒸気消費量の削減 ②作業現場の環境改善 ③洗浄効果の向上

排熱回収装置の仕組み

洗浄機は常時約20㍑の洗浄水(約60℃~80℃)が汚水として排出されます。排出された汚水を補うため同量の新水(常温)を供給します。
この供給された常温の水は60℃~80℃まで昇温する必要があります。この時に蒸気や電気ヒータなどの熱エネルギーを利用します。
排熱回収装置では汚水と新水の熱交換を行い新水をお湯にして洗浄機へ供給します。そのため昇温させるための熱エネルギーを削減できます。

  • 標準型フロー

  • 省エネ型フロー

排熱回収装置の設置例

キョウドウ製排熱拐取装置は従来の機種下部に収納ができるため、スペースをとりません。

  • 標準設置

  • 省エネ設置

作業環境の改善

洗浄室は高温多湿となりがちで、作業環境がよく無いことが多々あります。その一つの要因として汚水から排出される湯気があげられます。
この汚水の温度が排熱回収装置を介すると下がるため(約20℃~30℃)洗浄室へ湯気を放出しなくなり、湿度の上昇を抑制します。

  • 標準湯気

  • 省エネ湯気

CO2排出量・ランニングコストの削減

熱エネルギーを削減することで蒸気の燃料費や電気ヒーターの消費電力を削減します。そのため、CO2の削減にもなります。

ランニングコスト比較表【排熱回収装置】

検証内容

型式
KY-5型
熱源
蒸気
燃料
LGP
燃料単価
200円/㎥(LGP1kg=0.5㎥として計算)

1日12時間稼働

年間260日稼働

※洗浄温度80℃、供給水温8℃すすぎ水量15㍑と仮定した場合

  • 標準仕様洗浄機

    熱交換無し

    蒸気使用量

    燃料コスト

    ※ サムスン製蒸気ボイラーEB-150Nを使用した場合

    1日の燃料コスト 19,350円 年間の燃料コスト 5,031,000円

  • 省エネ仕様洗浄機

    熱交換あり、すすぎ供給水温60

    蒸気使用量

    燃料コスト

    1日の燃料コスト 12,900円 年間の燃料コスト 3,354,000円

排熱回収による年間コスト削減額 1,677,000円※ 水温が低いと熱交換効率が高まる為、冬期だと削減効果が更にUP!!

※無負荷の場合の試算になります。

グラフで見るランニングコストの推移 排熱回収装置価格 800,000円